« デジタルパーマ翌日 | Main | CLUB I○-I○ »

『ゲド戦記』

会社帰り、『ゲド戦記』を見に行きました。
ポップコーン(M)は映画が始まるまえに食べつくしてしまいました。

作品の評価は「中の上」です。哲学的メッセージが濃いせいか、わざと隠したのか、それとも描ききれなかったのか・・・ちょっと考えてしまいました。(どっちもなのかな)

作品にこめられたメッセージが形になるのは、映画を見た人の人生のタイミングに依存しそうです。
すぐに形にはならないかもしれないし、すぐに形になる人もいるだろうし。
まだわからない世代にとっては、いつか語り継ぐ大切な人のために、心の片隅に忘れずに置いておくそんな映画だと思いました。

この映画は、大人と子どもとで一緒にみると良いですね。子どもができたら一緒に見て、いろいろ話をしたいなと思いました。大切なことを、日常の中で子どもに語り継ぐことで、この映画の目的が果たされるのかな、という気がしたのです。

あ、だけど、スタジオジブリを期待して見に行くと、がっかりしますよ。ジブリとしては迫力に欠き、芸術度も中途半端です。なので『世界名作劇場』の劇場版」と思ったら、意外と素直に受け入れられると思います。

なにはともあれ、これはこれでありかなって思えたのでいいのです。

興行成績的に考えると、ある特定の世代にはリアルタイムに受け入れられるだろうけど、それ以外の世代には難しい作品となると思いました。

« デジタルパーマ翌日 | Main | CLUB I○-I○ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27321/11791880

Listed below are links to weblogs that reference 『ゲド戦記』:

« デジタルパーマ翌日 | Main | CLUB I○-I○ »