« May 2007 | Main | July 2007 »

我輩は猫である。

我輩は猫である。
僕の名前はトラ(♂)。今年で7歳。81歳のおじいちゃんと二人暮し。

僕のママは、天国に行っちゃったんだ。今日ママはお墓に引っ越ししたんだ。

朝から親戚が集まってたよ。墓守はヘマばっかりしてたけど、あたふたしながらも頑張ってたよ。やればできるじゃん。

だけどそっち行ったらダメとか、あれもダメとかうるさいから猫パンチくらわしてやったぜ。

まぁ、サケトバくれたから、許してやるけどね。

Happy Birthday☆なわたしたち③

今日も、いい天気。

うちのクラスの学級通信は、『天気情報』という名前でした。担任の先生の好きな言葉が「いい天気」だったからです。『天気情報』の発行率はすごく高く、週刊以上の発行部数だったような記憶があります。そして、生徒だけではなく、父兄まで楽しみにしているというスゴイ学級通信でした。

久しぶりなのに、久しぶりな感じがしない・・・そんな優しさが今でもありました。だけど、職員室がとても狭く見えました。もっと広く感じてたのに、社会人になってからだと見え方が違うんだなって思いました。

母校の訪問は、教育実習の年に学校祭で訪れた以来でした。教育実習・・・教案作りに徹夜しました。担任クラスとして、2年生を持たせてもらいました。だけど、生徒(3年生)に、生徒(2年生)と間違われた屈辱も思い出しました。教育実習のメンバーもとても仲良しでした。すごく楽しかったよ、それ以上に苦しかったけどね。

今日も、通り過ぎていく生徒が挨拶をしてくれました。お客様がいらしてたら、挨拶をしましょうをちゃんと実践しています。うちの学校の生徒は本当に素直ないい子が多いです。あたしは怒られることが多い子だったけどね。

4人で購買の前を通りました。自分の好きなパンは今でも売ってるかな?と4人とも同じこと考えたんじゃないかな、と思います。探せど、昼休みも終わりに近い時間。さすがに売り切ればっかりだったね。そして、人気メニューはすぐに売切れてしまうしね。好きなものを買えるのは、購買に近い2Fの3年生が有利でした。そして、どうでもいいことですが、校章が値上がりしていたことに時代を感じました。

実は、私の担任がまだこの学校にいます。先生は3年間ずっと担任でした。先生は管理職に進まず、とことん現場にこだわり中です。先生もうちの学校の卒業生なので、大先輩ですが、同窓生という仲間でもあります。

先生の記憶力はスゴイです。わたしも、同級生の中では一番ってくらいみんなと過ごした毎日のことをよく覚えている方だけど、先生はそれ以上。だから、いつでもあの頃がすぐに再現できるんだよね。だからあたしたちはいつでも安心してサトガエルことができるのです。

Img_54261_1今年、創立100周年を迎えたそうです。ちょっとしたお祝いムードです。こんなグッツが作られていました。これはストラップです。PTAのお母さんたちが100周年のお祝いを盛り上げて、いろいろ企画してくれたみたいです。というわけでいろんなグッツが作られました。クリアファイル、缶バッチ、マグネット・・・。なんと、リカちゃんは完売だそうです。

販売数は、限定5,000体・・・5,000?!ってちょっとしたスゴイ企画だと思いました。で、誰が買ったのさって思ったら、なんと、miruとminoはそれぞれの身近にいる卒業生ルートから情報を仕入れていて、既に入手していたのです。さらに同級生のI田くんとか、S香とか、K子とかもそれぞれどこかから聞いて手にいれたらしいって話も聞いたら、「ズルイよ!ズルイよ!あたしもほしいよ!」って思うじゃないですか。

フフフ。
言葉にしなくても先生はちゃんとわかってくれました。
(目は口ほどにモノを言います)
先生大好き!!

学校帰りは夢のイチゴミルキンとおやきの大人食い。
ひらなかのおばさんは、何年ぶりで行っても「あら、見たことある顔だわね。(卒業は)何年前だい?」って言ってくれるんだよね。今回も「おや(久しぶりだね)」って、いつもの笑顔で迎えてくれました。
覚えてるわけはないよ。けど、きっとオーラでわかるんだろうな。ひらなかにくるとき、いつも気分は「ただいま」
ただいま~って雰囲気でお店にくるお客はたいてい東高生か卒業生だろうな。

Img_54171Img_54201

昔はしたくてもできなかったカキ氷のフルコース。カキ氷+練乳+アズキ。これがイチゴミルキン
高校生の頃は、今日はミルクかけようかな(20円プラスになる)、、、ふつうのでガマンしようかな(100円で済む)って、10円単位でたくさん悩みました。うちはおかんがお弁当をあまり作ってくれなかったので、お昼ごはんを買うお金をもらっていました。お昼を節約して、学校帰りにひらなかでおやきorカキ氷を食べる⇒これがとても楽しみでした。

また行こう。学校にも、ひらなかにも。そして先生の家にも。

先生の奥さんもスゴイのです。写真を見て、ちゃんとクラス全員の生徒の顔を覚えいるのです。だから、突然先生の家に行ったとしても、「あら、●●ちゃん、いらっしゃい」と迎えてくれるのです。これに味をしめて、みんな先生の家も大好き。奥さんも大好きなのです☆

やっぱり、ここはいくつになってもとてもステキと思わせてくれる場所です。

Happy Birthday☆なわたしたち②

hiroが旅行業界に携わるノウハウを発揮し、温泉予約から何から全部してくれました。本当に何からなにまでありがとう。

Img_53911_1今回の宿は、定山渓第一ホテル翠蝶館。女性が一緒じゃないと男性は泊まれません。そして子ども同伴もダメです。大人の女性のための宿なのです。とても静かで優しい宿です。上質なリピーターが多い感じです。

Img_533912人ずつにわかれてしまうけど、評判が良いということで、hiroオススメのアジアンタイプを選択。この落ち着きは貴重。京都のお寺の庭を見つめると不思議と精神が整えられていく感覚がするでしょ?それと似ているよ。

Img_534211お部屋の冷蔵庫には、ウェルカムデザートがおいてあるよ。この日のデザートは、マンゴープリン。ひとことでいうと・・・なまらうまい!大丸のデパチカとかで売ってくれればいいのに。もっと食べたかった!このパティシエさんは天才だとおもう!おかわり!おかわり!って叫んでしまうくらいおいしかったのです。そんな感じでトロも大喜びでした。

今回はエステ付きプランです。いい歳して、生まれてはじめてのエステ体験でした。根が貧乏症なので、エステにお金かける金銭感覚をもちあわせていなかったのです。だけど、価値観が一転しました。月に一度はエステに通いたいかも。
あたしは乾燥肌と敏感肌らしくって、しっとりケアをしてもらいました。リンパの流れが整えられると体が軽くなって、すっきりするんだーって実感。男の人の宿泊客もこのオプションついてくるのかな?女性だけっぽいよなー。エステって健康にとてもよいと思うよ。日頃の疲れが取れるよ絶対。肩も少し揉んでもらったんだけど、人に揉みほぐしてもらうのって全然違うんだね。人の力は偉大です。

Img_53591Img_53681Img_53641Img_53711Img_53721Img_53751Img_53831Img_53771

食事も全部おいしかった!(↑晩ごはん。↓朝ごはん)

Img_53851Img_53891

お風呂も良かった!

接客も良かった!

今回の温泉旅行は、みんなの誕生会もかねていました。だから、乾杯の合図は「Happy Birthday!」。そしたら給仕してくれた女性が、「どなたかのお誕生日なのですか?」とさりげなく話しかけてくれました。「みんな誕生日が近いから、みんなでお祝いなんです。」って答えたら、あとから「ホテルからのささやかな気持ちです」って、プレゼントを頂いてしまいました。

心遣いがステキです・・・ウルウルです。

部屋割りは、じゃんけんの結果、5月生まれチームと6月生まれチームに別れました。

5月生まれチーム:miru&junko
6月生まれチーム:mino&hiro

夜遅くまで4人でおしゃべりして、それでも時間が足りない。朝食の時間は8時に予約。もう寝ないと・・・というわけで寝るためだけに自分達の部屋に帰ったのは3時頃。

心配なのは5月チーム。同じふたご座でも5月生まれの二人は、6月生まれの二人に比べて適当度が高い
だけど、miruは偉かった。ちゃんと起きてあたしのことを起こしてくれました。ごはんの3分前にね
そして、起きたタイミングと同時にトントンと6月チームが迎えに来ました。6月チームは早くから起きて、星占いもチェックしたうえで迎えにきたよ。すごいよ・・・けど、とにかく全員そろって3分前行動!みんなえらいのです。

星占いは、だれか一人チェックしていればそれでよし。みんな同じ星座ってステキかも。

Img_53941
定山渓の締めくくりは、足湯。ぽかぽかになって、向かうは母校。

③へ続く

Happy Birthday☆なわたしたち①

高校の同級生は特別。長いこと会っていなくても、いつも昨日の続きから始まる気がするよ。みんな誕生日が5月~6月に固まっていて、特にあたしたち仲良し4人は全員ふたご座。これもちょっと特別な理由のひとつ。

今年の合同誕生会は、男子禁制。女だけで豪華にエステ付き定山渓温泉一泊二日を満喫しました☆

まずは、わたしのたっての希望でノースサファリ札幌へ。ここは、普通の動物園にはいない動物がいることと、動物に触れられるというのがウリだよ。

Img_52821まずは白ライオンの口を通って園内へ。ライオンの中はなんの罰ゲームかと思うような状態・・・狭い空間に人工池がつくられていて、その上に木の橋がかけられているのね。それを渡るんだけれども、人工池の中には大きなカエルがたーっくさんいるのです。渡された木の幅は40~50センチくらいだから大人であっても両脇からストンと落ちる可能性があります(まぁ、おちるとすれば・・・よっぽどの不注意か、運動音痴か、閉所恐怖症の発作がおきるとか、カエル恐怖症とかだと思うけどね)。子どもなら抱っこするかしっかり手を繋がないと危ないかもしれないので注意しましょう。そして、ライオンの中はそんなに大きいわけではないので、お相撲さんサイズの方は入れないと思われます。

Img_52841ライオンさんのお尻から出てきたら、ペリカンさんとビーバーさんに会えます。ビーバーって顔はこわいけど、仕草はめちゃくちゃかわいいんだよね。キャベツ大好きみたいだよ。


Img_52931_1カピバラさんとカンガルーさんを足して2で割ったような動物も発見。つぶらな瞳がかわいいでしょ?




Img_52971_1陸ガメさんもコンニチワ。なでなでしたら気持ち良さそうに目をつぶる仕草が猫みたいで、おもわずダイスキダ!と叫んでしまう。




Img_53061あざらしさんは、ぷんぷくりんのまんまるん。だけど、旭山動物園のほどぽんぽこりんではありません。



Img_53161ここのペンギンさんは、生まれたときから人に育てられてるから、うそみたいに人なつっこいよ!どのくらい人懐っこいかって言うと、ペンギン自ら人に近寄ってくるくらい。ペンギン好きは、絶対に行くべきです。



Img_53301プレーリードッグさんもいたよ。熟睡中の姿も、言葉にならないくらいかわいかったのです。



Img_53191すっごく大きなウサギさんもいたよ。どのくらい大きいかって、一升瓶より一回り大きいかもーって感じ。大きくったってウサギさんは寂しがり屋さん。


Img_53361あひるさんも寂しがり屋さん。





Img_53341竪穴式住居なのか、トムソーヤなのか、冒険心をくすぐる小屋も建ってるよ。だけど、小屋の中にいるのはコウモリさん。ここはヘタに動物をおかずに、開放してほしかったな。そのほうがワクワクするのに。



全体を回るとしても、1時間もあれば十分な感じかな。今度は夜に来たいな。夜行性の動物、特にふくろうを近くで見てみたい!!

さて、次はいよいよ温泉☆

②~③へ続く

☆miss.haramaki☆

ここ数日、ビミョーにお腹が痛かったので、お腹にカイロを貼っています。
ハイ、オナカガヒエテシマッタセイデス・・・・
夜の間に冷えたお腹は、日中に温めます。お腹があったかいと、体調が良くなります。だから私は毎年冬の終わりにひと夏乗り越えられる分のカイロを買い占めています。

でも、こんなビミョーな腹痛にも今日でお別れなのです。とうとう、おかんがはらまきをプレゼントしてくれたのですー。愛娘の変幻自在な寝相に、母親として対策せねばと感じたようです。

今月、A菜が産休からもどってきました。A菜と会社でまた会えるようになって嬉しいです。
だけど今度はK子が産休でしばらくお休みです。毎日あえなくなると思うとやっぱり寂しいのです。だけど、元気な赤ちゃんを産むために健やかに過ごしてね、K子。

そうそう、通勤の行きかえり、毎日DSしてるけど、今日はお隣に座った女の子とおそろいでぴっくり。一緒に並んでピンクのDSしてました。

わたしは今、逆転裁判中です。

予防療法

ここのところ体調不良が続いています。
プチお腹くだり、プチ食欲不振、プチ吐き気。
プチのうちにこそ対策が必要なのです。

原因は大体想像がついてます。

最近あったかくなってきたので、寝相がますます悪くなりました。母親は夜中トイレに起きるたびにわたしのふとんをチェックしてくれているようです。そしてたまにデカイ声で怒られているような気がするので、近所迷惑だから夜中に大きな声を出すのはやめてほしいと思います。

夏こそ必要なのがお腹ガードです。まだ物心つくかつかないかの子どもの頃、母親の手作りのはらまきをして寝かされていました。絵本に出てくる金太郎がしているようなはらまきでしたが、お腹は冷えません。はらまき効果は絶大です。

あんなはらまきはもう二度とゴメンですが、ここ数年はわりとおしゃれなものが売っています。冬だとかわいい毛糸のパンツと一緒にかわいいはらまきも売ってるのを見かけるので、季節外れだけどそうゆうのあるといいなー、けど夏だからあんまり種類ないかもなー、とは思いつつお買い物にいきました。

パッケージには縦書きの毛筆体腹巻とかかれている白地のはらまき1種類だけが取り扱われていました。商品の半径3メートル以内に近づくことを拒絶してしまうすごいパッケージでした。

だけどはらまきさん・・・わたしにはどうしてもあなたが必要なのです。

なのに、あのパッケージには得体の知れない拒絶感を覚えてしまうのです。それでも体調管理には変えられません。体調不良を予防するため、一歩踏み出したいと思います。がんばれわたし!

こんなときは、やっぱ楽天かな。Viva!インターネット!!

« May 2007 | Main | July 2007 »