2010年もお世話になりました。

2011年 (1-3月) 冬のドラマから、これみよーと思ったものをピックアップ。

来年もテレビっ子確定。

月:大切なことはすべて君が教えてくれた (2011年1月17日 21:00~)

  最上の命医 (2011年1月10日 22:00~)

火:CONTROL 犯罪心理捜査 (2011年1月11日 21:00~)

水:美咲ナンバーワン!! (2011年1月12日 22:00~)

木:ホンボシ~心理特捜事件簿~ (2011年1月20日 20:00~)

  告発~国選弁護人 (2011年1月13日 21:00~)

  外交官 黒田康作 (2011年1月13日のみ21:00~、翌週以降22:00~)

金:LADY~最後の犯罪プロファイリング~ (2011年1月7日 22:00~)

土:デカワンコ (2011年1月15日 21:00~)

日:江 ~姫たちの戦国~ (2011年1月9日 20:00~)

  スクール!! (2011年1月16日 21:00~)

  冬のサクラ (2011年1月16日 21:00~)

初売りで外付けHDD買わないとーーー。買っても予約するの忘れないようにしないとーーー。今年はmiruにお世話になりっぱなしだった・・・miru、いっぱい録画してくれてほんとにさんきゅー。

なるべく早く家に帰ろう。めざせ、リアルタイム視聴 !!

皆様、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

anseilen

登山の時、ザイルで身体を結びあうことを登山用語で「アンザイレン」って言うんだって。ドイツ語なんだって。命綱でつなぎ合うんだよ。つながってるから、大丈夫。一緒に乗り切るんだ。

『クライマーズ・ハイ』を見てきたよ。
堤真一は問答無用でかっこよかった。
堺雅人も弱そうなのにズルイくらい魅力的。

原作は、はじめの1ページから端正な日本語に圧倒される。無駄がない。なのに、柔らかい。ほんの数行なのに、引き込まれる。読み進めるにつれて言葉に恋してしまうから、試してみてよ。

原作には、「情熱」が流れ続ける。不条理への怒りも、あがきも、苦さも、信頼も、切なさも、弱さも、家族愛も、絆も、みごとに描かれている。それを知っている分、映画版ストーリーには納得がいかなかった。原作が凄すぎて、2時間と少し程の時間に収めるには、ああゆう展開にするしかなかったのかな・・・

だけどね、堤真一と堺雅人は本当にかっこよかったよwink

花より男子~ファイナル~

観客は、圧倒的に高校生だらけ。

見終わった後、「道明寺と結婚したい!」と叫んでいた女の子が印象的だったよ。
うんうん、確かにね。何があってもお前がいいんだ。俺はお前の存在が好きなんだ。顔やスタイルでも、家柄でもないんだって言い切れちゃうのって素敵。何があってもお前を離さないっていうとこ、最高にかっこいい。スカッとする一途さって、新鮮だね。元気になれるね。

スマイル~聖夜の奇跡~

ホントは去年のクリスマスまでに見ようと思っていたこの映画、昨日やっと見てこれました。
上映期間が1月31日までで、前売り券買ってたから、ギリギリセーフ!って感じだけど、見れてよかった!

平日お昼の映画館は、人が少ないからちょっとドキドキ。今回、年配の方が多かったんですよね。『ALWAYS 続・3丁目の夕日』か『椿三十郎』んとこ入っちゃった?あたし、間違った?って心配になるくらい、はじめは違和感がありました。一旦外に出て確かめようかと思った矢先、「この映画、苫小牧で撮ったらしいよ」っておじさんのうちの一人が話しているのが聞こえてきて、このおじさんたち『スマイル』見に来たんだってわかりました。

映画を見終わった後にわかったことは、これは単なる子供向けの映画じゃないということでした。人の上に立つ立場の人は、老若男女問わず見るべきです。見に来ていたおじさんたち、すごいです。

主演の森山未來が絶妙なおバカ加減で、かわいく、かっこよく、真剣に演じているので、痛快さこの上ない中、心に響く大事なことがいっぱい盛り込まれていました。

・人の心を動かす原動力は、信じることから始まる。
・組織(チーム)で人動かすためには、そのトップは、メンバーの心をつかまなければならない。
・信頼関係があるチームには、予想以上の力が生まれる。
・信じられる心が生まれると、人は変わる。
・奇跡は、その先にある。

それにしてもタブーと魅力は紙一重なのかな(笑)。

今回、わたしは坂口憲二が出ているので見たかったわけですが、坂口憲二は最初と最後にちょろっと出てきただけでした。だけど、とてもかっこよかったです。
玉木宏もちょろっと出てました。やっぱり、とてもかっこよかったです。
加藤ローサは、『女帝』よりも、この映画みたくかわいい役の方があってるなって思いました。とてもかわいかったです。
森山未來、本当にいい俳優さんだねー。ますますファンになりました。今回、森山未來の服飾スタイリスト誰だろう・・・ラテンの色彩がたまらなく良かったです☆

すべてに大満足です!

※ちなみに、撮影は苫小牧だけじゃなく、札幌ももちろん出てきましたよ。

昭和ブーム

最近、うちのおかんが映画づいてます。来月も来年も見に行く映画が決まっています。

11月:『ALWAYS 続・3丁目の夕日』
12月:『椿三十郎』
01月:『母べぇ』

↑ほら、毎月。

ここのところ、テレビのロードショーでも、戦前戦後時代を描いている映画多いでしょ。『ALWAYS 3丁目の夕日』とか『佐賀のがばいばあちゃん』とか。なんでも流すようにしか捉えないおかんが真剣に見ているので、観察していると面白いです。

いつの頃からか、昭和なものが流行ってますよね。

例えば今のドラマでいうと『有閑倶楽部』。地味にはまってます。実は、この間漫画も買ってしまいました。漫画は・・・すごく昭和です。出てくる国名も、ロシアじゃなくて、ソ連だったりします。それもそのはず。連載開始は1981年からです(Wikipedia調べ)。

剣菱悠理(美波)と白鹿野梨子(香椎由宇)役の女優は、原作のイメージをそのまま実写化したような再現性の高さがあると思うんです。そして、回を重ねるにつれて、6人の俳優がどんどん原作のキャラクターに近づいていく感じがするんです。出演者の役作りへの意識の高さが伝わってくるのがワクワクして、ついつい毎回見てしまいます。

※美波と香椎由宇って、二人ともハーフだそうです。最近の芸能人って、ハーフが多くないですか?

『ヤッターマン』も実写化されますよね。主演の櫻井翔、このキャスティングナイスだと思います。そこで、ドロンジョさまですが、是非是非、にしおかすみこか、杉本彩がいいと思うのです。誰になるのかなー。

最近、昭和に躍動感があります。

映画三昧

先週は映画三昧でした。

◆11/1(木) 1st day.

仕事帰りに同僚と3人で『未来予想図』をみる。
(※わたしは2回目。)
この映画、みればみるほど泣ける仕掛けがほどこされているよ。

DVD出たら、買っちゃうかもしれない。

◆11/2(金) 金曜ロードショー

家でおかんと『ALWAYS 3丁目の夕日』をみる。
(※わたしは疲れのせいで不覚にも途中で眠ってしまった)

翌朝、朝食のときに「お母さん、胸が熱くなったよー!続編あるんでしょ?いつからなの?」とあまりにも嬉しそうに話すから、「今日からだよ。行く?」って聞いたら、行くってさ。

◆11/3(土) 文化の日

『ALWAYS 続・3丁目の夕日』封切です。
映画の時には必ずポップコーンを独り占めしながら見たいおかん。
大きいサイズを一個買って二人で分ければお得なのに、ポップコーンは一人一個というポリシーを持っていらっしゃる。あたしたち親子じゃないですか。シェアしたっていいじゃないですか。
そして、たいていわたしの分も食べるおかん・・・なるほど、あたしたち、ちゃんとシェアしてるのね!

そんなおかんですが、続編もとても気に入ったらしく、更なる続編を期待しているみたい。吉岡秀隆が出演するドラマや映画はシリーズ化されるもんだって力説してたよ。ほんとにそうなるといいね。

観客のターゲットは、団塊の世代以上かな。もちろんその子ども世代のわたし達がみても、心あたたまる映画なんだけどね。なんだかね、団塊の世代以上の人たちにしかわからない何かがあるみたいなんだよ。きっと泣いていたのは、昭和とともに生き抜いてきた人たち。

映画を見た後、おかんが「この時代はね、~」って、楽しそうに解説してくれたよ。本当に楽しそうに話すんだ。昭和って、奥が深いね~。

薬師丸ひろ子が最高にいい味だしてたよ。 吉岡秀隆も、堤真一も、役者として天才だと思った。

そんなわけでみなさん、この映画は、スゴイのですよ。

◆11/4(日) 日曜洋画劇場

"THE BOURNE IDENTITY〝をみる。
マット・デイモンかっこよすぎ!

どこのシーンが好きかって、ボーンとマリーが出会ったときのシーン。彼女がドイツ語でつぶやいたら、ボーンもドイツ語で返すとこにホロっときたりします。え?サスペンス・スパイ映画で、アクションシーン満載なのに、そんなとこ?って思いますか?わたしは、母国語以外の言葉を自在に操れる人に弱いのですよ。

というわけで、11/9の金曜ロードショーも見逃せません。
"THE BOURNE SPREMACY〝なのです。

"THE BOURNE ULTIMATUM〝は今週末に公開です。
もちろん見に行くつもり。

映画三昧は、今週も続くのです。

未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~

木曜日はレディースデー。

miruは夜勤明け。あたしは定時退社。
というわけで、夜待ち合わせして一緒に見てきました。

この映画、ドリカムで育ったわたしたちには必見です。
ハンカチ忘れないでね。
miruもあたしも、ずーっと泣きっぱなしだったから。
エンドロールが流れても、席を立っちゃダメだからね。

主役の二人、とてもいいなと思いました。
松坂慶子の母親役もステキでした。
そして、スペインに行きたいです。何がなんでも絶対次はスペインです。

HERO

Hero

先日、miruと見てきました。
平日のモーニングショーなのに、土日祝日みたいな混みようでした。まさに大ヒット中です。

信じるって、諦めないって、仲間って大事、っていう熱い映画でした。九利生と雨宮の関係も微笑ましいし、元気になれる映画です。

木村拓哉かっこいいです。
イ・ビョンホンもかっこいいです。

もう一回見に行くかもしれません。


さぁ、まもなく2時ですが・・・眠れません。

ゲゲゲの鬼太郎

鬼さんのブログでゲゲゲの鬼太郎占いをみつけた。期間限定らしいので、占うならお早めにね。

あたしは鬼太郎だったよ☆
早く映画みたいよ!

『東京タワー』

鬼さまが、このドラマは涙なしには見れないよって言ってたけど、ホントです。
今日は、おかんの栄子(賠償美津子)が雅也(速水もこみち)の卒業証書を抱きしめてるシーンをみて涙しました。

大学卒業しても就職しないという息子を心配しつつも、笑顔で励ますおかんは、うちのおかんと一緒でした。
(ちなみにうちのおかんも漢字はちがうけどエイコといいます。)

あたしも大学卒業して、すぐに就職しませんでした。
在学中に就職活動さえしませんでした。
一応、親の手前、教員採用試験だけは受けましたが、わたしをみればわかるとおり、適性はまったくありません。

多くの人に心配をかけました。卒業したって言うのに就職課から呼び出しをくらい、教授からは今すぐ推薦状書くから来いと言われ続け、父親のコネも断固拒否しとおしました。
だけど、バイトはいっぱいしました。面白かったからね。

あの頃は、どこにも属したくないって思う年頃でした。

両親や周囲には心配をいっぱいかけたなぁ・・・そして未だに親不孝でごめんなさいと思います。

自由には厳しい側面があります。
雅也のおとんが言っていた「自由にも覚悟がいる」というのは、本当だと思います。そう、実感することが何度かありました。
そして、制限にも優しい側面があることを知りました。

バランスが心地よさのポイントなんだろうけど、なにはともあれ、生まれ変わったら、きちんと生きるから許してください。

帰国後に失くしたと思っていたパスポートが見つかりました。わくわくしはじめました。ただわくわくしているだけで、なにもたくらみはありませんよ。

だけどね、

・ベガスでカジノ
・ハワイでイルカと泳ぐ
・ルーブル美術館をスタート地点にしてダヴィンチ・コード巡り

とかとか、いいなとおもうのです。

より以前の記事一覧